【3月のご契約】奥様の為のご購入 有難うございます!

【奥様が帰って来られるマンションを探してほしい】

 

〇〇様とは、昨年行ったあるマンションのオープンルームにご来場頂いたのが初めての出会いでした。

そのオープンルームを行ったお部屋は、2日間で7組のお申込みを頂きました!!

〇〇様は5組目のお申込者様で、その前の4組の方がキャンセルされない限り、ご購入頂くのは不可能でした。

 

1番手の方の住宅ローン審査が通り、ご契約確定となったため、他の6組の皆様には泣く泣くお断りのご連絡を致しました。(こういう電話が一番つらいです・・・)

 

内、1組様は同じマンションの別のお部屋をご契約頂きましたが、

〇〇様は「貴女に任せるけえ、物件探してくれんかいね。うちの奥さんの為に」

 

お話を伺うと、奥様はご病気をされ階段の上り下りなどが難しいとのこと。そして病状が進行すると、将来は車いすが必要になるとのことでした。

 

私は「福祉住環境コーディネーター」でもありますので、進行性の病気の場合、将来を見据えた間取りにリフォームが出来るかどうかを考えながら物件を選定していく必要があることを知っています。

 

トイレが室内用の車いすで介助する人と一緒にスムーズに入れるような工事が可能かどうか、廊下幅は拡張できるか、浴室への移動は?等々、考えなければならないことがあります。

 

幸い、〇〇様はご自身のご職業が住宅に関わるお仕事でいらっしゃったので、その辺りの知識をお持ちでいらっしゃいました。

 

そして、もうひとつのご要望が「ペットが飼える物件」

ということでした。

「年を取って、もしひとりになってもペットがおったら少しは寂しくないじゃろう」

 

〇〇様は私と同じ50代です。

将来を見据えて探す物件は、20代~30代の方が探される物件の条件とは少し違ってくる年代です。

正直、御予算の範囲内で「ペット飼育可能」な物件を探すのは非常に困難でした。

 

けれど、若くしてご病気が原因で入院生活を送られていらっしゃる奥様が、安心してご自宅で介護を受けることが出来るよう、なんとしてでも物件を早くお探ししなければ・・・。

 

複数の物件をご案内させて頂き、やっと気に入って頂ける物件が見つかったのは、

初めてお会いしたあのオープンルームの日から4か月後のことでした。

 

無事ご契約が完了し、あとはお引渡しの日を待つばかりです。

 

〇〇様と奥様が、一日も早く笑顔で一緒に暮らせる日が来ますよう、

お引渡しまでしっかりとお手伝いさせて頂きます。

 

〇〇様、この度はお住まい探しのお手伝いのご縁を頂き、

本当に有難うございました。

引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

有限会社アービス

志水 伸子

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

無料会員登録で未公開物件情報をどこよりも早くゲット!

1183
930

会員登録はこちら

自社分譲事業 施工例
ページ上部へ戻る